薪について

切って間もない生木は、50%が水分です。

この木を薪として燃やすためには水分を20%前後まで乾燥させることが大切になります。


割った薪は、風通しの良い場所で8か月~1年はゆっくりと乾燥させて

十分に木の水分を飛ばして良質な薪になります。


十分に乾燥していても、なおずっしりと重い薪が質量に富み、

室内をしっかりと暖めるのに優れた薪といえます。

薪のサイズ

温度や燃焼時間をコントロールするために、大きく分けて「焚付け用1~1.5cm」

「中ぐらいの薪5~10cm」「長時間用10cm以上」の3サイズの薪があると安定して

薪ストーブを燃焼できます。

焚火の火をおこすように細い焚付け用の薪に着火して、

徐々に太い薪に変えていきます。


薪を使い分けることで、薪ストーブの温度や燃焼時間を効率的にコントロールできます。


焚付け用や中くらいのサイズの薪は、比較的簡単に手に入ります。

10cm以上の良質な薪は、専門の薪ストーブ屋等で購入できます。


薪を使い分けることでコストも抑えれます。


薪の種類

薪ストーブ用の薪に使える樹木はたくさんありますが、

火持ちの良さや燃焼効率、入手のしやすさを考慮にいるると樹種はある程度限定されてきます。

さらにどんなに薪に適した樹種の木でも、単純に切っただけの木は薪になりません。


入手した木を薪ストーブに適したサイズに切ったり割って十分に乾燥させて初めて薪になります。

しっかりと乾燥させた薪を燃やすと着火がスムーズで、

しっかりと燃焼し部屋を優し暖かさに包んでくれます。


十分に乾燥していない薪は、薪ストーブの性能を十分に引き出せずに暖まりにくい上に、

燃やすとクレオソートや煤が多く発生し煙突内に付着するため、煙突掃除をこまめにしなければ

煙道火災の原因になります。


また、腐っていたり塩分の含まれた木や化学処理しされた木は、

薪ストーブの炉内を著しく痛めますので使用はしないでください。

樹種



熱量




着火性
燃焼速度
ミズナラ


高い



悪い
遅い

コナラ




 高い



悪い
遅い
クヌギ



高い




悪い
遅い
サクラ



普通




悪い
普通
クスノキ



普通




普通
遅い
カエデ



高い




普通

遅い
カラマツ



普通




良い
速い




低い




良い
速い
ひのき



普通




良い
速い
モミ



低い




良い

速い


ナラクヌギカエデなど落葉樹は、太めの薪に適しています。

着火性は悪いのですが、燃焼速度がゆっくりのため熾火がしっかりできてから

使用いただくと長時間ゆっくりと燃えていきます。


ヒノキなど針葉樹は、焚付け時に最適です。

炉内を温度を速やかにあげてくれて熾を作ります。


サクラやリンゴ、ミカンなど実のなる木は、

燃やすと爽やかなにおいを楽しめます。

気分を切替えたい時に使ってみてください。